深夜に巨乳風俗嬢と…

深夜に巨乳に限らず風俗で遊んだ時の体験談です。

深夜の巨乳という衝撃

深夜にデリヘルのお世話になってきました。深夜であっても関係なく楽しめる風俗。それがデリヘルの強みですが、その日相手をしたCちゃんはとにかく素晴らしい巨乳だったんですよ。まさに「パンパン」という表現がぴったりの巨乳風俗嬢。胸が大きいのは女の子にしてみればいろいろな思いがあると思うんですよ。痴漢に遭いやすいとか、視線が集中するのであまり良い気にはなれないとか。いろいろとあると思うんですけどでも風俗でとなればやはり武器ですよね。弾力もあればまだまだ上を向いてじゅうりょくに反抗しているかのようなあの張り。それを見れたってだけでも自分にとって最高に楽しめましたよね。そして何よりも衝撃的だったのはその柔らかさ。張りがあるしパンパンだしでぱっとみるととても堅そうに見えるんですけど実際に触ってみるととっても柔らかいんですよ。その事実にどれだけそそられたことか…。日記から始まる風俗のような経験が出来たおかげで自分自身、最高に楽しい時間になりましたね。

自分の環境にぴったり

自分の環境にぴったりな風俗といえばデリヘルですね。風俗店そのものがあまり近くにないんですよ。だから好き嫌いの問題とは別の面でデリヘルがいいんですよね。デリヘルならわざわざ遠出する必要もありませんんし。それに、デリヘルってレベルの高い子が多いような気がするんですよ。先日はUちゃんという可愛い女の子のお世話になって来たんですけど、彼女のあの雰囲気は一度味わうと本当に癖になるかのようなレベルというか。やっぱり女の子って笑顔が大切ですよね。笑顔を向けてくれるだけで男なんて勝手に「自分のことが好きなのかも」とか勘違いして盛り上がっちゃうものじゃないですか(笑)その日もそうでした。アイドル顔負けの可愛い表情を見せてくれる彼女のおかげで、「自分に優しい女の子」みたいな勝手な錯覚のおかげで感情移入していって、気付いた時には何やら自分自身、かなり盛り上がってしまっていましたがそれもそれで幸せな盛り上がりなんですよね(笑)